叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 22話 ネタバレ【そこの穴ちがっ…】

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 22話 ネタバレ

 

 

 

ようこそ、当ブログへ!!

このブログでは、黒猫スミス先生お稲荷さん先生の大人気のエロ漫画、叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのネタバレをお話していきます♪

 

こちらの漫画はBookLive!コミックの公式サイトで無料試し読みが出来ます。

 

 

スマホでどこでも買ったら永久にアプリなしで、購入しても1話64円

 

登録もたった5分で完了。

 

無料試し読みも出来ますので、まずは無料で読んでみてください。

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 22話 ネタバレ

 

→前回、21話のネタバレはこちらからどうぞ

 

 

結局、風呂場で恭子と幸平くんは6回もしてしまいました。。。。

 

 

しかも全部中出しで(^^;)

 

 

幸平くんの性欲に付き合いきれないと呆れてしまう恭子。

幸平くんは恭子が気持ちよくなって腰を押し付けてきたと嬉しそうに喋ります。

 

 

トイレに入りあそこを覗き込むと、幸平くんの精〇が大量に零れ出てきます。

 

 

濃厚で量も多い幸平くんの精〇で恭子の下半身はベタベタでした。

しばらくこの生活が続くのかと思うとウンザリしてしまう恭子。

 

 

それからというもの毎日のように、恭子は幸平くんに求められ、所構わずセ○○スを(*´▽`*)

 

 

しかも両親に見つからない様に、幸平くんは自分の部屋に恭子を招き入れてやりたい放題です。

もちろんお決まりの中出しで。。。。

 

 

今日も恭子とバックでエッ〇を終えた幸平くん。

 

 

幸平くんは恭子のお尻を見て急にムラムラし、何と彼女のア〇ルに自分のぺ〇スを挿入していくのです。

きゃ!

 

 

突然アナルに挿入されて驚く恭子。

 

 

「はっ、はっ!!」

幸平くんは興奮と味わったことのない快感で、夢中で腰を振っていきます。

 

 

その穴違う! 抜きなさい!!」

 

 

恭子の声は・・・

もちろん届きません(^^;)

 

 

「ダメ、う、あ、動かないで!!」

 

 

そして、幸平くんにお尻の穴の中に中出しされる恭子。

幸平くんは以前からア〇ルセッ〇〇に興味があり、気持ち良さそうだと調べていたようです。

 

 

アナルセ○○スが終わり、気持ちよくてまたしようと言う幸平くん。

 

 

お尻の穴禁止・・・

そう断る恭子の顔は、恥ずかしさと快楽で渦巻いていました。

 

 

その後も幸平くんとの関係は続き、恭子もただやられっぱなしでなく、ハードなフェ〇をして、幸平をイかせていきます。

 

 

そんなこんなで出産の日が近づいてくるのでした。

 

 

 

我慢できない人、無料試し読みはこちらから!!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 22話 感想

 

やっぱり毎日のプレイは避けられませんね。

 

 

しかも自分の部屋でやりたい放題。。。。

 

 

幸平くん羨ましいです。

 

 

今回で遂に禁断のアナ〇プレイまでしてしまうとは・・・

 

 

濃いですね。。。。

 

 

プリンとした恭子のお尻グッドでした。

 

 

強引に入れられて喘ぐ声や表情がいいですね。

 

 

人妻の美しさと性の喜びが出ていましたね。

 

 

出された時の恭子の恥ずかし気で満足した表情がずっと頭から離れません。

 

 

幸平、おそるべしです。

 

 

次の話がどうなるのか?

 

 

更にハードな事が待ち受けているのか楽しみですね。

 

 

 

こちらの漫画はBookLive!コミックで読むことが出来ます。

 

 

これが結構お得で、

 

①いつでもどこでもこっそりスマホで読める (しかもアプリ入れ無しでOK!)

1話ごとに買えるので、好きなシーンをつまみ食いできる!

 

てとこがいいんですよね~

 

絶対に損しないエロ漫画で抜きたいなら、是非お勧めします。

 

 

 

我慢できない人、無料試し読みはこちらから(ムチムチ系好きなら絶対抜けます。)

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

→23話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてを無料で読む方法はこちらからどうぞ