叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 ネタバレ【生はダメだって~】

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 ネタバレ

 

 

 

ようこそ、当ブログへ!!

このブログでは、黒猫スミス先生お稲荷さん先生の大人気のエロ漫画、叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのネタバレをお話していきます♪

 

こちらの漫画はBookLive!コミックの公式サイトで無料試し読みが出来ます。

 

 

スマホでどこでも買ったら永久にアプリなしで、購入しても1話64円

 

登録もたった5分で完了。

 

無料試し読みも出来ますので、まずは無料で読んでみてください。

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 ネタバレ

 

→前回、11話のネタバレはこちらからどうぞ

 

 

恭子の絶妙な締め付けで、あっという間にイかされてしまった幸平くん。

 

 

チ○ポを引き抜いてみると、ゴムは幸平くんの若いたくさんの精〇で、漏れそうなほどパンパンでした。

 

 

恭子はトイレでのエッチは初めてでお尻や腰が痛いとぼやきます。

そんな恭子の下半身に視線を向ける幸平くん・・・

 

 

すると一度は萎えた自分のぺ〇スが次第にむくむく(^^;)

 

 

すると幸平くんは、トイレの便器に恭子を突然押し倒します。

そして荒い息を立てて恭子を求めてくるのです。

 

 

目も虚ろで正気を失っている幸平くんは性の赴くまま恭子を欲します。

 

 

迫る幸平くんを拒否する恭子。

そして幸平くんは恭子のあそこに生で挿入しようとするのです。

 

 

しかし安全日を過ぎた恭子は妊娠する怖さがあり、全力でそれを拒否。

 

 

でも、幸平くんはお構いなしに恭子の中に生で挿入してしまうのです。

んっ!!

 

 

抜いてと言っても幸平くんは激しく腰を振り勢いよく突いていきます。

 

 

離れようともがき暴れる恭子。

しかし、幸平くんにウィークポイントの乳首を摘まれ感じて力が抜けてしまいます。

 

 

そして、幸平の体が震えてついに限界が。。。。

 

 

「駄目、こぅちゃん!抜いて・・・

恭子の声も虚しく、幸平くんは恭子の膣内に生で思いっきり出してしまいました。

 

 

延々と続き終わらない射〇。

 

 

もはや絶倫の幸平くん。

やっと終わった時は恭子のあそこから大量の精〇がドボドボ流れてきました。

 

 

恭子は怒りの表情を幸平くんに向けます。

 

 

幸平くんは謝りますが、恭子の怒りは収まらなかったのです。

 

 

 

我慢できない人、無料試し読みはこちらから!!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 12話 感想

 

いやー、恭子さんスタイルいいっスね。最高です!

 

 

幸平くんどんだけ凄い量なんでしょ。。。。

 

 

ゴムが破れんばかりの量ですね。

 

 

若いから恭子の裸見ただけで欲情し復活も速い。

 

 

流石です。

 

 

まさに絶倫。。。。

 

 

まぁ・・・ ナイスバディの恭子さん見たら、誰でもすぐに硬くなっちゃうと思いますけどね。

 

 

幸平くんは恭子の制止を振り切り生で入れちゃいましたね。

 

 

そして恭子の乳首を弄り感じさせる。

 

 

乳首を弄られ喘ぐ恭子の表情がエロチックで興奮でした。

 

 

まだまだ、二人のエッチはこれで終わりそうじゃない気がします。

 

 

更に続きが見たいです。

 

 

次の話読んで感想を早めにアップしますね。

 

 

しばらくお待ちください。

 

 

 

こちらの漫画はBookLive!コミックで読むことが出来ます。

 

 

これが結構お得で、

 

①いつでもどこでもこっそりスマホで読める (しかもアプリ入れ無しでOK!)

1話ごとに買えるので、好きなシーンをつまみ食いできる!

 

てとこがいいんですよね~

 

絶対に損しないエロ漫画で抜きたいなら、是非お勧めします。

 

 

 

我慢できない人、無料試し読みはこちらから(ムチムチ系好きなら絶対抜けます。)

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

→13話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてを無料で読む方法はこちらからどうぞ