叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話 ネタバレ【ヌイて、すっきりさせるしかない】

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話 ネタバレ

 

 

 

ようこそ、当ブログへ!!

このブログでは、黒猫スミス先生お稲荷さん先生の大人気のエロ漫画、叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてのネタバレをお話していきます♪

 

こちらの漫画はBookLive!コミックの公式サイトで無料試し読みが出来ます。

 

 

スマホでどこでも買ったら永久にアプリなしで、購入しても1話64円

 

登録もたった5分で完了。

 

無料試し読みも出来ますので、まずは無料で読んでみてください。

 

 

無料試し読みはこちらから!スマホで読んで下さいね!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話 ネタバレ

 

→前回、1話のネタバレはこちらからどうぞ

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎての第2話読んじゃいました。

 

 

布団を取りに行った恭子と幸平くん。

 

 

つまずいてベッドに幸平くんが押し倒す形になりました。

恭子は起き上がろうとします・・・ しかし・・・

 

 

興奮した幸平くんは恭子の大きな胸を両手で鷲づかみにして揉み始めます。

 

 

ジュースを飲んだつもりでしたが、実はチューハイを飲んでしまい酔っ払ってしまった幸平くん。

酔った勢いにまかせて一心不乱に恭子の巨乳を弄り倒していきます

 

 

恭子は幸平くんに体から離れるようになだめます。

 

 

しかし、幸平くんの興奮は収まらず、下半身を硬くして迫ってきます。

そしていきなり恭子の事が以前から好きだったとカミングアウトする幸平くん。

 

 

それを聞いてマズイと思い必死に抵抗する恭子。。。。

 

 

恭子はようやく自分の置かれた状況が大変だという事を悟ります。

子供とはいえ幸平くんの力は強くてなかなか脱出できません。

 

 

体が熱くて・・・ オレ・・・」

 

 

そして息も荒くなる幸平くんに、落ち着くように恭子は説得し続けます。

しかし酔っていて、聞く耳を持たない幸平くん(^^;)

 

 

恭子は隣のベッドで寝ている夫に助けを求めようとします。

 

 

しかし・・・

もしこの場面を姉に見られたら面倒な事になりそう・・・

 

 

そう思った恭子は思いとどまってしまいます。

 

 

そして、次第に幸平くんの事が可哀そうに思えてくる恭子。

冷静になって打開策を考える恭子の頭にある名案が!

 

 

「これは抜いてスッキリさせるしかない!!!」

 

 

そう思った恭子は意を決して、幸平くんのズボンのチャックを開けて、肉棒を手で扱いていきます。

肉棒がヌルヌルしてきて次第に恭子の手にまとわりついてくる幸平くんのガマン汁。

 

 

そして、見事 恭子は幸平くんの精液を大量に出すことに成功しました。

 

 

全部放出させスッキリさせたせいか、ぐったりと幸平くんは動かなくなりました。

とりあえず危機を脱して、ホッとする恭子なのでした。

 

 

 

我慢できない人、無料試し読みはこちらから!!

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

叔母さんの肉体が気持ち良過ぎて 2話 感想

 

恭子さんのTシャツから膨らむ大きなおっぱいの肉感がたまりません(*´ω`*)

 

 

張りもあり形も良くて、見ていて興奮してきちゃいました。

 

 

美人でスタイルも良く最高ですね。

 

 

もし幸平くんの立場で、こんな女性が側にいたら自分も手を出してしまうかも。。。。

 

 

さぁ これで幸平くんの欲望が済むとは思えません。

 

 

次の話がどうなるのか? とても楽しみです。

 

 

 

こちらの漫画はBookLive!コミックで読むことが出来ます。

 

 

これが結構お得で、

 

①いつでもどこでもこっそりスマホで読める (しかもアプリ入れ無しでOK!)

1話ごとに買えるので、好きなシーンをつまみ食いできる!

 

てとこがいいんですよね~

 

絶対に損しないエロ漫画で抜きたいなら、是非お勧めします。

 

 

 

我慢できない人、無料試し読みはこちらから(ムチムチ系好きなら絶対抜けます。)

▽   ▽   ▽

  クリック!!

BookLive!コミック

我慢は身体に毒ですよ(*´▽`*)

 

 

 

→3話のネタバレはこちらからどうぞ

 

→叔母さんの肉体が気持ち良過ぎてを無料で読む方法はこちらからどうぞ

 

 

 

 

コメントを残す